顕微鏡を製造する大事な工場~引張試験の重YO性~

タッチモニター活用

加工品

タッチモニターを導入すると言うと非常にコストが掛かり、初期費用の段階で断念しがちです。しかし、導入後の事も考えれば実は経済的になる可能性もあります。まず、ホワイトボードや黒板を使っていた人達はその備品購入費用を抑えられるようになります。直接タッチモニターの中に電子で表示するため、インクも消すための道具もほぼ消耗品にはなりません。また、今まで会議等の場でプロジェクター等で対応していた人達の多くは、資料を手元に配布していました。そうしなければ離れている人は見えにくく、情報が伝わりづらくなるからです。しかし、この機器を導入すれば美麗で見やすい画面で相手に伝えられるので、資料を配布する手間が省ける事もあります。重要な会議ではもちろん必要ですが、小さな会議では配布を辞めて、印刷コストを抑えられるようになります。

タッチモニターは何も社内だけで使用するものではありません。今やそのクオリティは、顧客や取引先に説明をする際にも活躍出来る程になっています。最新のIT機器を導入している優れた企業だと言う評価をしてもらえるメリットもあり、自社の品格をアピールする一つの材料にもなります。また、説明を行う際にも伝わりやすい利点があり、どんな人が開いてでも満足出来る活用が可能となります。特にiT関連やパソコン・電子機器関連に携わる人達にとっては、自社の良さをアピールするのに欠かせません。取引の際に有利に動けるようになったり、好印象を持たせられるようになります。タッチモニターはただ単に社内の情報共有のみでなく、第三者の事を考えた親切さや魅力を伝えるために使われるようになっています。