顕微鏡を製造する大事な工場~引張試験の重YO性~

顕微鏡とは

加工作業人

顕微鏡とは何かと言うと人間の肉眼では観察することの出来ない小さな物体や生き物を細かく観察することが出来る機械であります。この機械によって得られた功績は計り知れないものがあります。かの有名なガリレオガリレイもその顕微鏡について絶賛しています。虫の目の部分がどのような機能を働かせているのかや本来人間の肉眼では到底見えることのない微生物の動きやその様子を生で観察することが出来るのです。顕微鏡の歴史はとても古いものがあります。それが改良に改良を重ねて今の顕微鏡になっているということです。プラナリアと言われる生物やクマムシと言われる生物は大変面白い生態です。身近な川や池、田んぼに住んでいる微生物は変わった生態を持っています。

クマムシという生物は氷点下の寒い環境でもどんなに熱せられた熱い地帯でも生き延びることが出来ると言われています。その裏には極度の環境時に仮死状態になっているということがありそれが関係しているらしいです。まさに無敵の生物ということが言えます。大抵生物は熱せられたするとそれに耐えられないことがよくありますがクマムシという生物はそれに耐えることが出来ます。一方でプラナリアと呼ばれる生物はその身体を切っても切っても生きることが出来ます。それだけではなく切って分裂した部分どっちともそれぞれに生命が宿っているかのように別々に行動しているのです。この生物は細かく切ってもそれぞれに同じ生命が宿り別々に行動します。顕微鏡ではそんな変わった生物の生態も観察することが出来るのです。