顕微鏡を製造する大事な工場~引張試験の重YO性~

両手を頬にあてる女子

顕微鏡とは

加工作業人

顕微鏡とは細かな世界を見ることが出来る機械で、人の目の役割になります。顕微鏡を利用することで様々なものの仕組みを知ることが出来、たとえば生命の不思議を目にすることも可能です。

Read more

スコープの活用

溶接マスク

マイクロスコープとは顕微鏡のようなもので、画面に写すことが出来ます。医療現場などで活用されており、様々な病気の発見や細かな手術で用いられています。デジタル版であればデータの解析まで可能です。

Read more

顕微鏡の価格

加工

顕微鏡の価格は数万円程度で購入することが出来ます。顕微鏡にも様々な種類が存在しているため、倍率が高いものであれば価格は高くなっていきます。また高機能になると通常では販売されなくなります。

Read more

タッチモニター活用

加工品

タッチモニターを利用すると様々な物が代用できるため、結果的にコストダウンに繋がる場合があります。特にホワイトボードや黒板といった備品が不要になり、またプロジェクターなども不要になります。

Read more

豊かな商品をうみだす

金属加工

テクノロジー技術の進化や機械技術の発展によって、日々の生活はかなり豊かになっています。生活を豊かにする機械は数多く誕生しており、最近では多くの機械でタッチモニターを搭載しているので使い勝手もかなり良くなっています。

Read more

引張試験と重要性

針金

あらゆるトラブルにお役立ち!マイクロスコープとは何なのか、こちらで疑問を解決できます。ぜひご覧下さい。

開発した製品の強度チェックがしたいなら引張試験をここで受けませんか?正確に調べてくれるので信頼性がありますよ。

自社で商品開発している製品の中に携帯電話を収納するケース、携帯ケースと呼んでいますが、商品を作っています。大分はベルトを通せるベルトループ機能が付いており、また付属でカラビナを取り付けています。もちろんカラビナは登山用ではありません。実はこの携帯ケースですが、ビジネスマン始め、中高年向けに大変人気があり、在庫も良く品薄になったりしています。背景としては使い易いと好評を頂いていますが、何より作りが丈夫というコメントを頂いている部分にポイントがあるかと思います。携帯ケースは腰回りに装着する使い方になり、大事なまた高額な携帯電話というアイテムを身につけるため、簡単に落下してしまわない様に商品作りをしています。

まず携帯ケースは当然電話機を収納するだけでなく、保護する役目も持っています。また腰回りに装着する事になりますが、簡単に落下してしまわないために、製作過程に置いて、引張試験を入念に行い、JISや自社基準で定めている最低品質基準の重さに耐える事が出来る仕様か調整を詰めています。例えば、抜き栓みたいな構造スイッチだと商品の特性や機能を考えるとそこまで厳重な引張試験はしないと思います。ただ、こう行った落下を防がなければらならに商品等に関しては、この引張試験を行う必要があり、かつ基準を必ずクリアしなければなりません。例えばこの携帯ケースに使用しているパーツでカラビナと呼ばれるフックがありますが、クライミング用になると引張試験で要求される制度は厳しいものになるでしょう。

研究や開発に必要不可欠な顕微鏡を販売している通販サイトです。最高の商品を開発するなら質の高い機材を使いましょう。

オススメリンク